Windows7の隠しテーマにアクセスする

Windows 7には、いくつかのクールなテーマが含まれています。 Windows 7デスクトップを右クリックして、を選択します。 Windows7にデフォルトで含まれている5つの素晴らしいテーマが表示されます。 Windows7の非表示のテーマ ただし、Windows 7にはさらに5つの非表示のテーマが含まれています。これらにアクセスするには、エクスプローラーのフォルダーオプションを使用して、次のように設定します。 隠しファイル、フォルダ、またはドライブを表示する とに 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示する。 次に移動します 次の場所: C:WindowsGlobalizationMCT オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカ、南アフリカにそれぞれ1つずつ、合計5つのゾーンテーマフォルダーが表示されます。 それぞれの中のテーマファイルをクリックしてテーマフォルダに移動し、テーマをアクティブにします。 また、Windows7のテーマをさらにダウンロードすることもできます。 マイクロソフト。
الوصول إلى الخدمات مرفوض-Windows-8-1-2

Windowsはサービスを開始できませんでした、エラー0x80070005、Windows10でアクセスが拒否されましたエラー

昨日セキュリティセンターを見に行った時、 Windows Firewall 私のシステムで実行されていませんでした。 だから私はに向かった ローカルサービス 実行を押してウィンドウ services.msc。 ここで、実行されているサービスはごくわずかであることがわかりました。 残りのサービスを開始しようとしましたが、開始できませんでした。 受け取った Error 0x80070005, Access is Denied メッセージ。 これは、そのようなサービスの1つのスクリーンショットです。 Windowsは、ローカルコンピューターでブロックレベルのバックアップエンジンサービスを開始できませんでした。エラー0x80070005、アクセスが拒否されました。 これによると Access is denied エラー、ほとんどのローカルサービスを開始できませんでした。これにより、システムが警告とアラートで混乱しました。 最初に、それを修正するために、私は実行しました SFC / SCANNOW これらのサービスに関連する破損したファイルを修正するコマンドですが、状況に違いはありませんでした。 その後、最終的に、この解決策を見つけました。これは、問題を大幅に解決するのに役立ちました。 Windowsはサービスを開始できませんでした、エラー0x80070005、アクセスが拒否されました 1.を押します Windows Key +...
SafeMode3

Windows10とWindows8 / 7のデュアルブート中にセーフモードで起動する方法

Windows10とWindows8 / 7をデュアルブートしている場合、Shift + F8でセーフモードに入るのは少し難しいかもしれません。 msconfig.exeを実行し、セーフブートオプションにチェックマークを付けてから再起動して、デュアルブートオプションとともにセーフブートを取得する必要があります。 しかし、これを行う必要はありません。 セーフモードオプションは、他のさまざまなオプションの中にすでに存在しています。 それがどこにあるか見てみましょう! Windows8 / 7でWindows10をデュアルブートしながらセーフモードで起動する Windows 10をデフォルトとしてデュアルブートシステムを起動し、Windows 8/7をデュアルブートすると、この選択画面が表示されます。 ご覧のとおり、これらのブートオプション画面はすべてWindows10ではグラフィカルです。 クリック Change defaults or choose other options 他のオプション画面を取得します。 クリック Choose other options この画面を取得します。 次にクリックします Troubleshoot この画面を取得します。 今、をクリックします Advanced options この画面にWindowsの起動設定を表示するには...
Benchmark

7-Zipレビューとダウンロード:Windows 10PC用のオープンソースファイルアーカイバソフトウェア

ファイル圧縮ツールは、重要なデータを失うことなくファイルサイズを小さくするのに役立つため、非常に役立ちます。このプロセスは、大きなファイルを送受信するときに不可欠と考えられています。 幅広いユーザーベースを獲得し、このドメインで賞賛に値するオープンソースソフトウェアの1つは次のとおりです。 7-Zip。 このプログラムは、有料の圧縮ソフトウェアに代わる有名なオープンソースです。 7-Zip無料ファイルアーカイバレビュー まず、NTFSサポートが拡張されました。 このツールには、代替データストリームを直接操作する機能があります。 WIM / TARアーカイブは、代替データストリームとファイルセキュリティ情報を保存できるようになりました。 次に、さらに多くのコンテナを解凍するためのサポートがあります。 WIMファイル、RAR5アーカイブ、UEFI BIOSファイル、ext2 / ext3 / ext4イメージ、GPT、VMDK、VDIイメージ、および単一ファイルQCOW2。 最新の安定版リリースでは、既存の形式も幅広くサポートされています(ISOで4GBを超えるファイルを正しく処理します)。 さらに、新しいコマンドラインスイッチには次のものが含まれます h ハッシュ値を計算し、 rn アーカイブ内のファイルの名前を変更します。 改善と追加の長いリストは、7zファイル、大きなアーカイブ、および大きなディスクフォルダーを開く際の優れた速度を意味します。 これらとは別に、主要なバグ修正も見つけることができます。 読む:組み込み機能を使用してWindows10でファイルを圧縮および解凍する方法。 アプリの機能はシンプルです。 ナビゲートしやすいインターフェースを備えています。 メインツールバーには、最もよく使用される機能が含まれています。 たとえば、シングルペインビューとデュアルペインビューを切り替えることができます。 このツールは、Windowsエクスプローラーのメニューとも統合され、アーカイブファイルをフォルダーとして表示し、ドラッグアンドドロップ機能を備えたツールバーを提供します。 お気に入りメニューでは最大10個のフォルダを保存でき、ボタンではファイルのデフォルトの保存先ディレクトリを受け入れることができます。 ベンチマーク機能もあります。 7-Zipで見つけることができないのは、ダウンロードしたパッケージの整合性を検証するのに役立つチェックサム計算機です。 宣伝されているように、圧縮はたまたまスムーズな操作であり、ハードドライブのスペースを節約するためのソフトウェアを本当に探している場合は、7-Zipが実行可能なオプションとして登場する可能性があります。 圧縮するファイルを右クリックし、必要な機能を選択するだけで、すぐに使用できます。 プログラムの速度と、圧縮および解凍のアクションを実行できる速度に驚かれることでしょう。 ヒント:ZIPフォルダーを7-Zipで分割およびマージすることもできます。 7-Zip無料ダウンロード からダウンロードできます ホームページ。 それについてフィードバックがある場合は、コメントセクションで行ってください。 より多くの無料のファイル圧縮ソフトウェアはここにあります。

7 Windows用の付箋紙を使用すると、付箋紙などをパスワードで保護できます

7付箋は100%無料の優れたデスクトップノートソフトウェアで、Windowsデスクトップに直接付箋を作成し、パスワードで保護します。 見栄えの良いリアルな付箋の外観により、究極のユーザーエクスペリエンスを実現し、7つの付箋を強力で使いやすく、信頼性が高く、軽量にする驚くべき機能を提供します。 WindowsPC用の7つの付箋 美しい視覚効果 フェードインおよびフェードアウト効果 非表示のボタンは後にのみ表示されます Mouse Over イベント透明効果 ノートデスクトップ:他のデスクトップウィンドウとアイコンの上にあるノートを強調表示します かっこいいデスクトップノート 事前定義された7つのノートカラーから選択します:イエロー、グリーン、ピンク、ホワイト、パープル、ブルー、レッド パーソナライズされたフォントサイズ、色、タイプを使用する リアルな効果を得るために、すべてのノートにシャドウをドロップします Sutilグラデーションの背景は、メモに命を吹き込みます 軽くて信頼できる トレイアイコンがない場合は、開かれていることに気付かないでしょう フットプリントが小さい:必要なディスク容量はわずか8MB、RAMはわずか13MB 優れたパフォーマンスと粗さのためのデータベースベースのストレージ 重要なメモのバックアップと復元 ごみ箱機能:以前に削除したメモを確認、復元、またはクリーンアップします 驚くべきユーザーインタラクション Webリンクの高速メモの自動URL認識メモをドラッグアンドドロップします ノートのサイズを好きなだけ変更する 順序でメモを整理します。自然にすぐに使用できるように、論理操作を前面に移動し、背面に送信します。 訪問: ホームページ。 さらに無料の付箋ソフトウェアも利用することをお勧めします。

7APL – Windows7用のアプリケーションランチャー

7APLは、Windows7を念頭に置いて作成されたアプリケーションランチャーです。 単一のホットキーを使用するか、Windows 7の最新機能を使用して、単一のアプリケーションまたはアプリケーションのグループを起動できます。 7APL 7APLは、アプリケーションを起動する3つの簡単な方法を提供します。 –ジャンプリストを介したプロファイルへの右クリックアクセス–個々のプロファイルごとにカスタマイズ可能なホットキー–プロファイルを表示または起動するためのインタラクティブなサムネイル 機能リスト: プロファイル–アプリケーションをプロファイルにグループ化して、同時に起動します。 プロフィール写真–写真をプロフィールに関連付けて、写真を簡単に識別できるようにします。 ホットキー–アプリケーションを起動するために、プロファイルごとにホットキーを指定します インタラクティブサムネイル–タスクバーから直接プロファイルを起動します JumpListのサポート–ジャンプリストを使用してプロファイルまたはタスクを直接起動します トグルモード–トグルモードを使用すると、起動したアプリを閉じることができます 例外–閉じない厄介なアプリケーションを例外として追加できます 固定–アプリケーションを常に実行したい人には問題なく固定します オプション–システムの起動時に7APLを実行し、起動時に最小化し、終了時に最小化することで、必要に応じてランチャーを常に実行し続けることができます。 ホームページ: プログラミング-designs.com

Windows7用のBumpTop3Dデスクトップ

Windowsのカスタマイズの愛好家は、このフリーウェアをきっと気に入るはずです。 BumpTop は楽しく直感的な3Dデスクトップで、整理された状態を保ち、生産性を高めます。 本物の机のようですが、もっと良いです。 BumpTopは、これまで使用してきたものとは異なり、デスクトップを視覚的な環境に置き換えます。 それはクールな未来的な外観を持っています。 BumpTop3Dデスクトップ BumpTopには、ダウンロードに含まれるさまざまな標準テーマがあり、エクスペリエンスをパーソナライズするのに役立ちます。 それ以外にも、提携ウェブサイトから入手できるテーマがあります。 そのWebサイトでは、ダウンロード可能な多くのBumpTopテーマを確認し、テーマがデスクトップ機能をどのように変更できるかを確認できます。 Windows7およびWindowsVistaで動作します。 ダウンロードできます BumpTop のホームページから BumpTop.com。 PS:グーグルに乗っ取られて、もう利用できないようです。 代わりに、Windows 7をカスタマイズするためのツール、リンク、およびガイドのこの究極のリストを確認することをお勧めします。

Windows11 / 10でのWindowsUpdateエラー0x800f0247を修正しました

一部のPCユーザーは Windows Update error 0x800f0247 Windows10またはWindows11デバイスに特定の更新プログラムをインストールする場合。 同様の問題が発生している場合は、この投稿で提供されている解決策を試して問題を修正できます。 調査の結果、このエラーコードは常にシステムファイルまたはレジストリのいずれかに破損があることを示しています。 これは通常、更新プログラムがシステムに適していないか、レジストリの障害またはシステムファイルの不良のためにWindowsが更新プログラムをインストールできなかったことが原因です。 エラーの原因として最も可能性が高いのは次のとおりです。 互換性のないハードウェアドライバーの更新。 不良セクタまたは破損したファイルアロケーションテーブル。 破損したシステムファイル。 コンポーネントストアの破損。 このエラーが発生すると、代わりに下の画像が表示される場合があります。 WindowsUpdateエラー0x800f0247を修正 あなたがこれに直面した場合 WindowsUpdateエラー0x800f0247 Windows 10/11デバイスでは、以下の推奨ソリューションを順不同で試して、問題の解決に役立つかどうかを確認できます。 WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行する SFCスキャンとDISMを実行する CHKDSKを実行する ディスククリーンアップを実行する ハードウェアの自動ドライバー更新を無効にする WindowsUpdateコンポーネントストアを修復する Windows UpdateAssistantを使用する リストされた各ソリューションに関連するプロセスの説明を見てみましょう。 1]WindowsUpdateトラブルシューティングを実行する 何よりもまず、このソリューションでは、組み込みのWindows Updateトラブルシューティングを実行し、それが解決に役立つかどうかを確認する必要があります。 WindowsUpdateエラー0x800f0247 問題。 そうでない場合は、次の解決策を試してください。 2]SFCスキャンとDISMを実行します ここで、SFCスキャンを実行して、それが役立つかどうかを確認できます。 破損したWindowsアップデートシステムファイルの場合は、DISMツールを使用して破損したWindowsアップデートシステムファイルを修正できます。 どちらのツールも機能しない場合は、次の解決策を試してください。 3]CHKDSKを実行します このソリューションでは、CHKDSKを実行して、エラーを引き起こしている可能性のある不良セクタを修復する必要があります。 4]ディスククリーンアップを実行する Windows.oldフォルダーにはプリンターなどのハードウェアドライバーが含まれていますが、現在のWindowsインストールには含まれていません。そのため、破損状態のデータは以前のインストールファイルから取得され、エラーメッセージがスローされます。 この場合、ディスククリーンアップを実行し、以前のWindowsインストールファイル(Windows.old)を完全に削除する必要があります。 5]ハードウェアの自動ドライバー更新を無効にする このソリューションでは、ハードウェアの自動ドライバー更新を無効にする必要があります。 6]WindowsUpdateコンポーネントストアをリセットする Windows UpdateエージェントのリセットツールまたはこのPowerShellスクリプトを使用するか、各WindowsUpdateコンポーネントを手動でデフォルトにリセットできます。 7]Windows UpdateAssistantを使用する 何も役に立たない場合は、Windows UpdateAssistantを使用してFeatureUpdateをインストールできます。 お役に立てれば! 関連:認証済みプロキシサーバーを使用してWindowsUpdateおよびMicrosoftStoreアプリのインストールエラーを修正する方法。

あなたが知っておくべき10の最も有用なWindows7キーボードショートカット

キーボードショートカットやホットキーをわざわざ使用しない人もいれば、それなしでは使用できない人もいます。 実際に使用しない方は、ぜひお試しください。 Windows 7で最も役立つ10個のキーボードショートカットから始めることができます。キーボードショートカットを使用しないと忘れてしまうので、この投稿を読んだら、使用してみてください。作業がはるかに高速であることがわかります。 Windows7の場合。 Windows7用の10の便利なキーボードショートカット Win + 1、2、3、4など:タスクバーの各プログラムを起動します。 最もよく使用するプログラムをタスクバーの先頭に置いておくと、次々に開くことができるので便利です。 Win + T:タスクバープログラムを切り替えるために使用されます。 これは、マウスでアイテムにカーソルを合わせるのと似ています。 で任意のプログラムを起動できます Space また Enter。 Win + Home:このショートカットは、現在使用しているウィンドウを除くすべてのプログラムを最小化します。 これはAeroShakeに似ており、同じレジストリキーで無効にすることができます。 Alt + Esc:Alt + Tabに似ていますが、開いた順序でウィンドウを切り替えます。 Win + Pause / Break:これにより、ウィンドウが開きます。 これは、コンピューターの名前や単純なシステム統計をすばやく確認する必要がある場合に役立ちます。 Alt +...

WindowsUpdate使用時のエラーコード0x8007045AERROR_DLL_INIT_FAILED

WindowsUpdateの使用時またはWindows10へのアップグレード中にエラーコード0x8007045AERROR_DLL_INIT_FAILEDを受け取った場合は、この投稿が役立つ場合があります。 このエラーは通常、Windowsオペレーティングシステムでmsxmldllファイルが破損している場合に発生します。 Microsoft XMLコアサービスまたはMSXMLは、XML1.0標準に準拠する高性能XMLベースのアプリケーション用のネイティブWin32APIです。 MSXML6は、最初にWindows Vista以降に同梱され、セキュリティ、パフォーマンス、安定性、その他の改善が強化され、x64およびItaniumアーキテクチャがサポートされています。 エラーコード0x8007045A この問題を解決するには、次の3つのオプションがあります。 1]システムファイルチェッカーを実行し、それが役立つかどうかを確認します。 2]交換してください msxml3.dll、 msxml3a.dll、 msxml3r.dll、 msxml6.dll と msxml6r.dll 良いファイルであなたのシステムに。 予防措置として、これらのファイルを他の場所にバックアップすることができます。 ここで、別のコンピューターがある場合は、これらの5つのファイルを他のシステムからにコピーします。 C:WindowsSystem32 問題のあるシステムのフォルダを作成し、破損している可能性のあるファイルを置き換えます。 両方のコンピューターが同じバージョンのWindowsを実行していることを確認します。 これを行ったら、これらのdllファイルを再登録する必要があります。 登録するには dll また ocx ファイルを開き、管理者としてコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のように入力してEnterキーを押します。 ق32 path & filename of dll or ocx したがって、ここでボックスに次のように入力し、Enterキーを押します。 ق32 C:WindowsSystem32msxml3.dll 他の4つについても同じようにします– msxml3a.dll、...