この記事では、次の手順を説明します。 automate tasks with Illustrator Actions. また、アクションを編集する方法も示します。 同じタスクを何度も繰り返さなければならないことは、かなり退屈になる可能性があります。 Illustratorでは、常に繰り返される単純または複雑なタスクを自動化できます。 これは、短時間でやることがたくさんある場合に特に役立ちます。 Illustrator Actionは、一連のステップを記録して再生しています。 これはMicrosoftWordのマクロのようなもので、タスクを構成する一連のアクションが記録され、実行する必要があるときに再生されます。

Illustratorアクションでタスクを自動化する方法

Illustratorアクションを使用すると、反復的なタスクを短時間で非常に簡単に完了できます。 Illustratorには、試すことができるデフォルトのアクションが付属しています。 さまざまなタスクに対して必要な数のアクションを作成して保存できます。 アクションをセットと呼ばれる個別のフォルダーに保存して、デフォルトのフォルダーとは別にすることができます。 セットを使用して、アクションをグループに分類することもできます。 始める前に、Illustratorアクションをダウンロードしてインストールする方法に関する投稿をお読みください。

Illustratorアクションを使用してタスクを自動化するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. 手順を計画する
  2. 記録
  3. 編集

1]手順を計画する

アクションを正常に記録するための最初のステップは、ステップを計画することです。 あなたが作りたいものを考え、それを成し遂げるための最も簡単なステップを考えてください。 ステップを書き留めて、最良で最も簡単なものが見つかるまでテストを実行します。 適切に計画し、それをうまく行うために長い時間を費やす方が良いです。

2]記録

Illustratorでは、アクションパネルはデフォルトで右側のパネルにあります。

アクションパネルが存在しない場合は、次の場所に移動できます。 Windows 作業領域の上部にあり、を押します Action.

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Action-Panel

アクションパネルで、試すことができるいくつかのデフォルトのアクションに気付くでしょう。    How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Set

アクションを記録するには、アクションパネルに移動して[Create New Set. 新しいセットを作成する必要はありませんが、新しいセットは、アクションをデフォルトのアクションとは別に保持するフォルダーになります。 さまざまなセットを作成して、さまざまなアクションを整理できます。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Set-Name-Set

[新しいセットの作成]をクリックすると、セットに名前を付けることができるダイアログボックスが表示されます。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Set-MY-SETこの記事では、セットはと呼ばれます My Set.How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Set-MY-SET-Action-Panel

アクションパネルに、というカスタムが表示されます My Set カスタムアクションが配置されるのを待ってそこに設定します。How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Action

新しいアクションを記録するには、に移動します Action パネルをクリックし、作成したセットをクリックしてから、 Create New Action ボタン。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Action-Name-New-Action

ダイアログウィンドウが表示され、新しいアクションに名前を付けます。 アクションの機能を説明する名前を使用してください。 このようにして、将来的に適切なアクションを簡単に選択できます。 このウィンドウには、新しいアクションが保存される現在のセットも表示されます。保存した別のセットを選択するか、デフォルトを選択できます。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Create-New-Action-Choose-Function-Key

を設定することもできます Function Key これは、アクションのショートカットとして機能します。 あなたはから選ぶことができます F2F12. ファンクションキーの1つを選択すると、使用するかどうかを選択できます。 Shift また Control組み合わせの一部として。 ショートカットの使用はオプションなので、そのままにしておくことができます None. 選択が終了したら、[記録]をクリックします。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Stop-Recording

アクションの記録が終了したら、[停止]を押します Recording/Playing.

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Play-Current-Selection

アクションを再生するには、新しいドキュメントを開き、アクションを適用するテキストまたはオブジェクトを作成してから、アクションパネルに移動してアクションを選択し、を押します。 Play Current Selection.

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Action-Delete-Action-Set-or-Step

アクション、セット、またはアクションからステップのいずれかを削除するには、[アクション]パネルに移動し、[アクション]、[セット]、または[ステップ]をクリックして、を押します。 Delete Selection.

3]編集

アクションは、記録後に編集できます。 ステップを選択して[選択の削除]アイコンを押すと、ステップを削除できます。 ステップは、クリックして押したまま新しい位置にドラッグすることで再配置することもできます。

Illustratorでアクションが重要な理由

アクションは、繰り返し作業をはるかに簡単にするのに役立つため、Illustratorでは重要です。 同じタスクを何度も繰り返さなければならないことは、タスクを困難で退屈に見えるようにする可能性があります。 Illustratorのアクションは、繰り返されるタスクをより高速に実行できるため、時間を節約するのにも役立ちます。

Illustratorのアクションは記録後に編集できますか?

アクションは、記録後に編集できます。 アクションの各ステップは、レイヤーのような異なるステップを作成します。 これらのステップは、実行されたことに基づいて名前が付けられ、削除できます。 ホールドをクリックして別の位置にドラッグするだけで、さまざまな順序で再配置することもできます。

How-To-Automate-Tasks-With-Illustrator-Actions